お花のマナー お悔やみ花束 編

通夜

お通夜には「枕花」をお届けする習慣があります。
枕花とは、遺族の方からいち早く知らせを受けた、特に故人と親しかった方が、
故人の枕元にお届けするお供えの花のことです。
お届けのタイミングは、お通夜前かお通夜までがベストです。
ご自宅へのお届けの場合、お花を置くスペースを考えて、どこにでも飾れるアレンジメントで届けましょう。
純白のお花が、純真な気持ちで故人を偲びます。

法事

花言葉なども考慮に入れて、「わかれ」など不吉なものは、避けるようにしましょう。
白、淡いピンクなどの清楚な色合いがオススメです。

命日

香りのきつくないやさしいパステルカラーのお花がオススメ!
手間のかからなくてすむアレンジメントも良いですね。

追悼ミサ

華やかで日持ちのするお花を中心にすると、長く楽しんでいただけるので、
喜ばれることでしょう。
お店のイメージに合わせてコーディネートすることも大切。
たくさん届く可能性もありますので、そのまま飾れるアレンジメントがお勧め。
鉢物もgood!

ページトップへ